交通事故の悲惨について

 

}PgžxQ自動車は、自分の生活を豊かにすると共に、同乗する家族や友人にも快適さを提供することができる、とても便利なものですが、一歩間違えると重大な事故につながる大変危険なものでもありますので、運転をする時には常に緊張感を持って乗ることが大切と言えます。
車の交通事故というのは起きてしまってから「次から気を付ければいい」で済むレベルのものばかりではありません。いい加減な意識で運転をした心無いドライバーのせいで、家族を失った人も大勢います。そんな悲惨なことが起こらないように、自動車事故は身近な問題なんだと自分に言い聞かせて、真剣な気持ちで日々運転をすることが大切です。
よくある意識でいけないのが「滅多に起こることではないから」というものです。そういった人たちは、新聞や、テレビ、インターネットなどで毎日のように流されるニュースをちゃんと見ているのでしょうか。滅多に、どころではありません。頻繁に起きています。誰の身にも起こり得ることです。なぜ自分は大丈夫だと言えるのでしょうか。
こういった心の油断が事故を誘発することは大いに考えられます。自動車による死亡事故はひと昔前に比べれば随分と減少しましたが、それでも例えば2014年では4000人を超える多さです。はっきり言って、これでもとんでもない多さです。歩行者も含めて、一人一人が危機意識をしっかりして安全を疎かにしない基本的な意識が今一度大切であると言えます。