ハッチバックってどんなもの?

椅子と絵画と花自動車の車種タイプの一つとしてハッチバックが挙げられます。この車種の大きな特徴は自動車後部に搭載されているリアゲート。セダンタイプとは違いトランクルームが独立しておらず、居住スペースと一体型となっているのが特徴です。最近では国産メーカーのみならず、海外メーカーでも多く製造されています。最大の利点はトランクルームという概念がないこと。


トランクと乗車席が一体となっていますのでセダンタイプよりも長い荷物を積載することが可能です。サーフィンやスノーボードなどの長い物でも楽に積載することができ、若者にも人気の車種です。また、車体がコンパクトに設計されているため、女性や高齢者、初心者の方など運転に自信のない方でも比較的運転しやすい車種です。小柄な車体ですので市街地での走行もそれほど苦になりません。道路の狭い日本では特に重宝されている車種の一つです。現在では各メーカーともに更に技術の開発が進み、小柄なボディながらそれに見合っただけの充分な排気量のエンジンも搭載され、ボディの剛性も高まり安全性も向上しています。これからの時代、環境問題なども含めて、自動車業界を背負っていく重要な車種となることでしょう。